名刺

名刺作りはバランスと印象を考慮する・印刷における基本事項

SITEMAP

構成を良く考えて名刺印刷

「名刺印刷」のポイントは見やすさです。どんなにオシャレでスタイリッシュなデザインが完成したとしても、見にくいければ制作した意味がありません。見やすさに重点を置いて、集客や事業拡大につながる名刺を制作&印刷しましょう。
好感度が高い名刺に共通することは「構成」が良いことです。名前や会社名、住所や電話番号など掲載する位置のバランスを考えましょう。全体の構成が良くないとダサいイメージが根付いてしまうおそれもあります。会社のイメージを悪くさせないためにも、バランスの良いデザインを目指しましょう。
文字の大きさがバラバラだと、まとまりがない感じに仕上がってしまいます。スッキリ見せるためにも、文字の大きさは3種類までにしておきましょう。また、文字の形でもイメージがガラリと変わります。丸みを帯びているとやさしい、可愛らしい雰囲気になり、角ばっているとシャープで洗練されたイメージになります。会社や自分のイメージに合わせて選択すると良いでしょう。
印刷された名刺を見るとき、目線は左から右へ流れていくのが自然です。そのため、文字は左側に揃えましょう。こうすることで全体のバランスがぐんと良くなり、読みやすさもアップします。

案外オススメな単色での名刺印刷

名刺は出来るだけインパクトのあるようにフルカラーでとなりがちですが、フルカラーだからと言ってインパクトがある名刺かと言われると、そうでもない事が多いです。今ではフルカラーの名刺は珍しくはありません。なので特になんとも思わないとなってしまう事もあるんです。
ですので、あえて単色での名刺印刷をオススメします。単色での印刷と言っても、白い紙に黒の文字では普通すぎます。紙自体をインパクトのある強い色にするか、文字の色をインパクトのある強い色にするのがポイントです。
例えばですが、赤い紙に白い文字というのは大変インパクトがあります。それがビジネスにふさわしい名刺かと聞かれると何とも言えないところですが、インパクトがあるという事は間違いありません。青い紙に赤い文字などもインパクトは強いです。こちらもビジネスに向くかどうかは微妙なところではありますが、やはりインパクトの強さは相当なものです。
このように紙の色と文字の色だけでも十分にインパクトのある名刺は作れます。後は自分の職業に合っているかどうかです。インパクトが強いというのは良い事ばかりではありませんので、そこら辺は十分に検討してから名刺印刷会社に注文するようにして下さい。

女性であればカラフルな名刺印刷もオススメ

男性の場合はあまりウケは良くないんですが、女性であればカラフルな名刺印刷もオススメです。紙自体の色を変えてみたり、文字の色を変えてみたり、案外名刺印刷で出来る事は多いので一度チャレンジしてみませんか?
まずオススメなのが、水色の紙に白い文字の名刺です。すぐに想像出来ると思いますが、この二つの色の組み合わせは優しさを感じさせてくれます。ですので、相手に威圧感を与えません。これは案外重要な事ですよね。特にきつい顔の女性は気が強いと勝手に思われがちですので、そういった女性にはオススメの色の組み合わせです。
また、ピンクの紙に白い文字も同様の効果があります。ただ、こちらは子供っぽくなりすぎてしまう心配もありますので、フォント選びには気を付けて下さい。角の丸いフォントは選ばない方が無難です。もちろんそれが好きという事なら良いのですが、子供っぽさを強調してしまう事になるのでビジネスで使うにはあまりオススメしません。
男性と同じようにシンプルな白地に黒文字の名刺を使うのも良いのですが、女性である事を利用するというのもビジネスにおいては重要です。カラフルな名刺印刷でも作成費用は通常の物と大差ありませんので、一度検討してみて下さい。

Menu

SITE MAP

Press Release

名刺はたくさん刷ってたくさん使おう!

仕事をしていく上で、一番大切なことは何でしょうか。それは人との繋がりです。初めて会う人には、あなたがどこの誰でどんな人なのか、それを知ってもらうことが必要です。もちろん、面と向かってじっ…

MORE

名刺印刷業者を利用しよう

人と付き合う上で重要なのが、第一印象です。名刺は、初対面の相手に自分知ってもらうために必須のツールと言えます。個性的な名刺を渡すことで、相手の印象にも残りやすくなります。名前を覚えて貰うきっかけ…

MORE

名刺印刷方法でだいぶ印象は変わります

名刺はただ紙にプリンターで印刷してあるだけのように思いがちなんですが、実は案外個人個人のこだわりもあります。まだ会社から支給されている名刺しか使った事がないという人にはピンと来ないかも知れません…

MORE

気軽に名刺を使うなら名刺印刷業者へ

デジタルな時代だからこそ、名刺を使う機会は増えました。ビジネスの場は勿論、趣味の人との出会いの場でこそ、名刺を交換して相手に顔を覚えてもらわなくてはいけません。他人にもらうからこそ見やすいもの、…

MORE